インターネット広告のお悩み、私が解決しまshow
第1話 掲載順位ってどうやって決まるの??

      2017/03/10

はじめまして。モニターに映りだされた数字と毎日にらめっこをしています。安田です。

「アクセス解析」「インターネット広告」というツールでお客様のサポートをするのが私の仕事なのですが、その中でリスティング広告の中身や仕様について質問されることがよくあります。
普段運用に携わってない方からすれば、まだまだブラックボックスなところが多いと思いますので連載形式で皆さんの悩みを解消できたらと思います。

リスティング広告の基本はこちらで解説していますので是非ご確認下さい。(少し古い情報も交じってますが・・・)

記念すべき第1回目のテーマはこちら

 

リスティング広告が掲載される順位のひみつ

皆さんはリスティング広告が表示されている掲載順位はどうやって決まっているかはご存知ですか?

たくさんお金を払っている企業が上の方に表示される??

中の人がじゃんけんで決めている??

今回は意外と知らないリスティング広告の掲載順位の決まり方について解説します。

 

検索エンジンの理想とは

Google創業者のラリーペイジさんはかつてこう言いました

“完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。”

広告配信で使用されるアルゴリズムにもこの精神が受け継がれています。決してお金をたくさん払ったからといってユーザーのニーズに一致していなければ検索結果の上位に表示することは出来ませんし広告自体が表示されないこともあります。
ユーザーが求めている情報をきちんと解決できるものに優位性が与えられます。

 

広告ランク

それではリスティング広告の掲載順位が決まるまでの流れを説明します。
ユーザーが何かを検索した時にどの広告が掲載されるかが都度オークションされます。
その際に重要になってくるのが広告ランクです。

早い話が広告ランクが高い順に掲載順位が決まります。

では広告ランクとはどうやって決まるのでしょうか?

広告ランクは3つの要素から形成されています。

  • 上限入札単価
  • 広告表示オプション
  • 品質スコア

ではそれぞれについて少し掘り下げましょう。

 

上限入札単価

上限入札単価とは入稿しているキーワードに対して1回のクリック当たりいくらまでならお金を払えるかという金額です。
キーワード1つ1つに個別に設定することが可能なので「このキーワードなら60円かなぁ」とか「このキーワードなら200円まで出せる!」とかが出来ます。
決してここで設定した金額が支払われるわけではなく、あくまでも上限額を決めているだけですのでご安心を。
もちろん設定した金額が少なすぎてもオークションで負けてしまいますので適度な金額の設定が必要です。

 

広告表示オプション

広告表示オプションとは広告の下に表示される追加情報のことです。リスティング広告で出稿するテキスト広告には文字数制限があります。
その文字数内ではサービスや商品は訴求できても会社の住所や電話番号、レビューなどは訴求しきれないですよね。
そんな時に広告表示オプションを使用すれば決められた文字数の枠外で情報を追加することが出来ます。

広告表示オプションイメージ

こんな感じです。
広告表示オプションに関しては目立った方が効果が大きいと言われています。ですのでまだ使用してない方は是非お試しください。
どんな情報が追加できるかはまた別に機会に紹介したいと思います。

 

品質スコア

3つの中で最も重要な項目が品質です。単に品質と言っても複数の情報からなりたっていまして、その中でも特に重要だと言われているのが下記の2つです。

  • 広告の推定クリック率
  • クエリと広告の関連性

つまりこの2つの改善がパフォーマンスの向上に繋がるキーになります。
入稿しているすべてのキーワードに対して品質スコアの評価がされており1~10の点数がつけられます。10が最高点になります。

広告の推定クリック率とは広告の過去のクリック数と表示回数の影響を受けます。ですのであまり頻繁に広告の入れ替えをしてしまうときちんと評価されません。
すなわち「インプレッションボリューム(ある程度の表示回数)とクリック率の統計優位性」が重要になります。

クエリと広告の関連性とは広告テキストとユーザーの検索語句(クエリ)との関連性のことです。いかにユーザーが検索した語句に近い(同じ)キーワードを入稿しているか。又、入稿しているキーワードが広告テキスト内に盛り込まれているかが重要になります。
すなわち「ユーザーの検索語句⇔入稿キーワード⇔広告文」の文字列合致性が重要になります。

この他にも

  • 表示URLの過去のクリック率:表示URLが過去に獲得した表示回数とクリック数
  • リンク先ページの品質:広告文との関連性、情報の透明性、利便性等
  • 地域別の掲載結果:検索を行ったユーザーの地域でのアカウントの実績
  • ターゲットに設定しているデバイス:デスクトップ、ノートパソコン、スマートフォン、タブレット等の各種デバイスでの広告の実績

も評価対象と言われています。

 

まとめ

よって上限入札金額を高くしても品質スコアが低ければ掲載順位は上がりません。

広告ランク計算表

分かりやすくするために広告表示オプションの効果を省くとこのような結果になります。実際に掛かるクリック費用に関しては次回に解説したいと思います。

 

最後に

よく勘違いされる方がいるのですが「品質スコアを上げればクリック率と掲載順位が上がってコンバージョン数(購入やお問い合わせ)も増える」というのは間違いで、品質スコアはあくまでも結果なのです。
クリック率が上がって品質スコアが上がった結果、掲載順位が上がったりクリック単価が下がったりして最終的にコンバージョン数が増えるのです。
ですのでインプレッションボリュームを担保しつつクリック率(数)が上がるような運用が求められます。そのためにはGoogleの理念に沿ってきちんとしたアカウント構成を作り、キーワード・広告文を入稿する必要があります。

少し駆け足になりましたが以上がリスティング広告が掲載される順位のひみつになります。説明べたなところもあったかと思いますが少しでも広告運用の手助けが出来たなら幸いです。
それでは、また会いましょう!

 

 - マーケティングソリューション部 , , , , ,