初心者でもわかる!Googleアナリティクスの「セッション」「ページビュー」「ユーザー」の違いとは?

   

みなさんこんにちは。ウェブマーケティング部の安田です。

今回はGoogleアナリティクスの質問でよく聞かれる「セッション」「ページビュー」「ユーザー」の違いについて解説してみました。

 

目次

 

セッションとは

「セッション」は分かりやすくいうとウェブサイトへの訪問回数です。
ウェブサイトに訪れて回遊し、離脱するまでがセッションになります。

セッションはどうやって切れる?

セッションは一定の条件になると一度切れるような仕様になっています。代表的なものは以下の4点です。

 

  • 一定時間、操作をせずに放置した時(デフォルトは30分)
  • ウェブサイトを離脱後、一定時間経過
  • 参照元が変更された時
  • 日にちをまたいだ時

 

1.一定時間、操作をせずに放置した時(デフォルトは30分)

Googleアナリティクスのデフォルトの設定ではセッションの保持期間は30分に設定されています。※設定の変更は「管理」→「プロパティ」→「トラッキング情報」→「セッション設定」で変更ができます。
ページを閲覧中にふと他の事に気を取られて、一定時間以上経過後に再び操作を行った時などがその例です。

2.ウェブサイトを離脱後一定時間経過

先ほどと似ているのですが、ウェブサイトを離脱後に一定時間経過するとセッションが切れます。
逆を言うと一定時間内なら1度離脱しても同じセッションとして扱われます。
ですのでウェブサイトに最適なセッション保持時間を設定しましょう※1分から4時間まで設定が可能です

3.参照元が変更された時

参照元とはウェブサイトの訪問経路の事です。
参照元が変わる時とは、初めに自然検索からウェブサイトを訪問し、SNSから新たに訪問した際がその例です。
この場合は一定期間内でも別のセッションとして扱われます。

4.日にちをまたいだ時

その名の通りなのですが、23:50にサイトを訪問し翌日の0:05に別のページに遷移した時は日をまたいているので1度セッションが切れます。

他にもセッションが切れる条件はありますが、代表的なものはこの4つになります。

 

ページビューとは

「ページビュー」とはウェブサイトに訪問しそれぞれのページにたどり着いた回数です。
下記の例だとセッションが3回、ページビューが5回になります。

ユーザーとは

Googleアナリティクスはcookieという仕組みでユーザーを判断しています。

cookieは分かりやすく説明するとスタンプの様なもので、一度ウェブサイトに訪れるとスタンプが押されて、次に訪問した時にそのスタンプをみて一度来たことがあるかを判断しています。スタンプには様々な情報が格納されており、SNSやネットショップサイトで1度ログインすると次からは自動的にログインしているのもcookieのお陰です。

注意点としては、cookieはウェブブラウザ毎に付与されるものです。ですので同じ人でもsafariとchromeとInternetexplorerでは別のユーザーだと判断されます。
またデバイス端末毎でも別のユーザーとして判断されるのでパソコン、スマートフォン、タブレットも別のユーザー扱いになります。

 

最後に

ウェブサイトの分析する際に、セッションで見るべきも、ページビューで見るべきもの、ユーザーで見るべきものがありますのでうまく使い分けて分析改善を行いましょう。

 - Googleアナリティクス, 用語集 , , , ,